弁護士による法律相談実施中

全国対応離婚は、急がず、感情にながされず、自分・子供の将来の生活のために一度弁護士にご相談ください。弁護士による法律相談実施中

 
 
その他の問題
氏と戸籍について

氏と戸籍について

夫婦の氏と戸籍

夫婦の氏

結婚により、女性が男性の戸籍に入った場合、離婚によって、女性は男性の戸籍から抜け、基本的に、元の姓を名乗ることになります。

離婚しても、婚姻中の姓を名乗りたい場合は、離婚成立から3ヶ月以内に役所に、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出すれば、継続して名乗ることができます。

結婚により、男性が女性の戸籍に入った場合は、この逆になります。

夫婦の戸籍

離婚により女性が、男性の戸籍から抜ける場合、女性は、(1)結婚前の戸籍に戻るか、(2)新たに戸籍を作ることになります。

離婚により婚姻前の姓を名乗る場合は、この2つの方法を選択できるが、「離婚の際に称していた氏を称する届」をする場合は、必ず、新戸籍を作ることになります。


子の氏と戸籍

子の氏

離婚により戸籍から抜けた方は、婚姻前の姓に戻るが、子どもの姓はそのままです。
そのため、離婚により母親が父親の戸籍から抜け、婚姻前の姓に戻っても、子どもは父親の姓のままです。

母親と子供が同居する場合のように、姓を同一にしたい場合には、家庭裁判所に、「子の氏変更許可申立書」を提出し、許可を得る必要があります。

子どもが15歳未満の場合は、親が代理人として申立て、
15歳以上の場合は、本人の意思が尊重されることになります。

子の戸籍

戸籍についても、同様で、戸籍筆頭者が父親の場合、離婚により母親が戸籍から抜け、子どもの親権者になっても、戸籍は従前どおりのままである。

子どもの戸籍を生活の実態に合わせるべく、母親の戸籍に移すためには、子の氏を自分の姓に変更する旨の許可の審判が認められた後、その審判書と入籍届を、役所の戸籍係に提出する必要があります。


相談方法


ページの先頭へ

Copyright (C) 2014 離婚の法律相談 . All Rights Reserved.