弁護士による法律相談実施中

全国対応離婚は、急がず、感情にながされず、自分・子供の将来の生活のために一度弁護士にご相談ください。弁護士による法律相談実施中

 
 
離婚とお金の問題
年金分割制度

年金分割制度について

合意分割制度

平成19年4月1日より後に離婚をして、以下の条件に該当したとき、夫婦の一方からの請求により、婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を当事者間で分割することができる制度です。

婚姻期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。

当事者双方の合意または裁判手続により按分割合を定めたこと。

なお、平成19年4月1日前の婚姻期間中の厚生年金記録も分割の対象となります。
また、合意分割の請求が行われた場合、婚姻期間中に3号分割の対象となる期間が含まれるときは、合意分割と同時に3号分割の請求があったとみなされます。
したがって、3号分割の対象となる期間は、3号分割による標準報酬の分割に加え、
合意分割による標準報酬の分割も行われます。

3号分割制度

平成20年5月1日より後に離婚をし、以下の条件に該当したときに、国民年金の第3号被保険者であった方からの請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間中の3号被保険者期間における相手方の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ、当事者間で分割することができる制度です。

婚姻期間中に平成20年4月1日以後の国民年金の第3号被保険者期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。

なお、「3号分割制度」については、当事者双方の合意は必要ありません。ただし、分割される方が障害厚生年金の受給権者で、この分割請求の対象となる期間を年金額の基礎としている場合は、「3号分割」請求は認められません。

分割請求の期限

分割請求の期限は、原則として、次に掲げる事由に該当した日の翌日から起算して
「2年以内」です。

(1)離婚をしたとき、(2)婚姻の取り消しをしたとき、
(3)事実婚関係にある人が国民年金第3号被保険者資格を喪失し、
  事実婚関係が解消したと認められるとき

相談方法


ページの先頭へ

Copyright (C) 2014 離婚の法律相談 . All Rights Reserved.